雨景 染め絵 -染色美の世界-
出展 村山雨景

2021年9月15日(水)~9月26日(日)pics
 
 
 長岡市在住の染色作家、村山雨景先生の個展から作品を紹介します。

 染色業界で長年に渡り、幅広く精力的にご活躍されている村山雨景先生。
 当店3回目となる今展では風景や花、動物など多種にわたるテーマを染色画で制作した
 作品2号~12号まで約25点展示しております。
 また、初展示となる村山先生の日本画も数点展示しております。

 珍しい作品として、歌手小林幸子さんに特別寄贈された創作キモノ「うつぎへの想い」の
 原案となる作品も展示しております。
 2020年東京五輪の市松模様をモチーフに創作されたものです。
 
 染色ならではの落ち着いた美しい色彩の絵画を、ぜひ多くの方にご覧いただきたく、 
 皆様のご来廊お待ちしております。
 リモートワークの多い方は背景に絵画を飾ることをおすすめします。

 すべてが1点物のため、ご購入検討の方は早めにお越しくださいませ。
 コースターやテーブルセンターなどもご用意しております。
 

 上記個展期間のみの特別オンライン展示です。
 お電話、メールからも予約を承ります。
 お値段、サイズ等はお問合せください。

 アートギャラリー万代島 まで、ご連絡お待ちしております。
   ℡ :  025-241-1570
   Mail : 
kuwabara@bandaijima.co.jp 

●村山 雨景 (ムラヤマ ウケイ)
 
 ・1947年  十日町市生まれ
 ・1968年  15歳より父母の手織・染色を修業、
         20歳の頃京都へ
         日本画と手描き本友禅及び手描きロウケツ染め
         を修得
 ・1976年  第18回美匠初入選 以後6回出品奨励賞、
         特別賞受賞
 ・1983年  東京、染色芸術展 金賞受賞 
         受賞作「うつぎへの想い」
 ・1990年  ドイツ ミュンヘンにて個展
         後オーストリア、ウィーンまでのロマンチック
        街道を取材
 ・1994年  BSNテレビ良寛をテーマとした「村山雨景の
         世界」を特別放映
 ・1995年  創作30周年記念キモノファッションショーを
         新潟日報社主催で新潟フェイズにて開催
         本格的なショーとなる
 ・1996年  中国、シルクロード敦煌から楼蘭までのタクラ
         マカン砂漠を取材
 ・2007年  東京池袋、東京芸術劇場にて「越後の染色
         芸術展」を開催
 ・2008年  NHK「アットヒューマン」スタジオにて制作工程
         を披露     雨景生出演
         創作45周年記念作品、創作着物「雪の華」を
         歌手小林幸子さんへ贈呈
 ・2009年  新潟日報朝刊「窓」欄の挿絵を1年間担当する 
 ・2017年   夢のふるさと展を十日町市にて開催、同時に
         母校十日町中学校へ
         大作 染額「早春の学び舎」を同級生らと寄贈
 ・2018年  長岡芸術センターにて創作55周年記念展
         「巨大美の世界」を発表する
 ・2020年  東京五輪の市松模様をモチーフにした創作キモノ
         「うつぎへの想い」を歌手小林幸子さんへ特別
         寄贈

 秋田から岡山 倉敷までの約170ヶ所にて、本州巡回展を続行中
    

●現在
 ・越後友禅会 代表
 ・長岡市在住
 
※掲載されているすべての作品画像は、著作権者である作家の許可なく使用することはできません。