洞谷 亜里佐 展
-風の記憶-
 

2021年1月5日(火)~1月24日(日)pics
 
 
 
   洞谷亜里佐先生の個展から作品の一部を紹介します。

  「風の記憶」をテーマに、山で四季の風を感じながら描かれた植物を中心とした作品群。
 短冊のほかにF4号~F40号まで約70点を展示。
 短冊は小さな画面に短歌を詠むように描かれている。
 ほか水彩のスケッチ7点展示。
  
 見所 : ギャラリーの壁に土壁を施し、その上に作品を展示。イタリアで発表された展示方法であり、
       日本では初お披露目。
       土壁は現代の名工左官職人である、松木憲司氏による「四季」と「暁」をイメージしたもの。
 
 皆様のご来廊お待ちしております。

 
 
 上記個展期間のみの特別オンライン展示です。
 お電話、メールからも予約を承ります。
 お値段、サイズ等はお問合せください。

 アートギャラリー万代島 まで、ご連絡お待ちしております。
   ℡ :  025-241-1570
   Mail : 
kuwabara@bandaijima.co.jp 

 ●洞谷 亜里佐 (ドウヤ アリサ)
 
 ・1959  名古屋市に生まれる
 ・1987  愛知県立芸術大学大学院修了
        上越教育大学助手
 ・1995  文部省在外研究員 (~1996年 イタリア)
 ・2007  科学研究によるタイ壁画の調査
        (~2009年 バンコク)
 ・2008  トヨタ財団アジア隣人ネットワークプログラム
       によるタイ壁画調査 (~2010年 バンコク)
 ・2014  上越教育大学教授

展覧会
 ・1984  第2回上野の森美術館絵画大賞展
 ・1985  東京セントラル美術館裸婦大賞展
 
  ほか東京、新潟の美術館、画廊にて個展、グループ展
  多数開催

 ・2018  最後のバテレン、シドッチ神父の肖像画を
       ローマ法王に献上

  パブリックコレクション
   外務省、名古屋大学、十念寺(浜善光寺)


 現在
 ・日本美術院 院友
 ・上越教育大学教授
 ・上越市在住

 
 

※掲載されているすべての作品画像は、著作権者である作家の許可なく使用することはできません。